HP素材のおすそわけ。blog > WordPress記事をコピーしたら通知するプラグイン「Check Copy Content」

WordPress記事をコピーしたら通知するプラグイン「Check Copy Content」

2014年2月2日(日)9:27 PM

ブログランキング・にほんブログ村へ WordPress記事をコピーしたら通知するプラグイン「Check Copy Content」をはてなブックマークに追加

WordPress:誰かが記事をコピーしたら教えてくれるプラグインCCC(Check Copy Contents)を作ってみた。 | 着ぐるみ追い剥ぎペンギン
WordPress:誰かが記事をコピーしたら教えてくれるプラグインCCC(Check Copy Contents)を作ってみた。 | 着ぐるみ追い剥ぎペンギン

最近では、読んだ記事をツイッターやFacebookなどに投稿することが多くなりました。
また、記事を引用をして、ブログの記事を書くということも増えました。

しかし、そのブログ記事の書き手からすれば、興味を持ってもらったという事なので嬉しいのですが記事のどこの箇所をコピーされたのかは分かりません。
検索をしまくれば分かるかもしれませんが、そこまでの労力はかける程ではありません。

そこで、ブログ記事のどこがコピーされたのかが分かるWordPressのプラグインを作ってみました。
誰かが、あなたのブログの文章をコピーしたら、そのコピーされた箇所とページのURLを、こっそりとあなたにメールで通知します。

名前はCCC(Check Copy Contents)としてみました。

WordPressのプラグイン「CCC(Check Copy Contents)は、インストールして簡単な設定をするだけで、自分のブログの記事をコピーされた時に登録メールアドレスにお知らせが来るプラグインです。

インストールは、配布元サイトで説明されているとおりにすればすぐ出来ます。ダウンロードしてFTPツールでアップロードする必要があるのですが、アップロードして有効化するだけなので簡単です。

CCC(Check Copy Contents)

↑ 【設定】→【CCC設定】をクリック。

CCC(Check Copy Contents)

↑ 私はこんな風に設定しました。

CCC(Check Copy Contents)

↑ 試しにコピーしてみたら、すぐ通知メールが届きました。

これは面白いし便利ですね。自分のブログの記事の何がコピーされたか把握できるのでありがたいです。誰がコピーしたかまではわからない仕様になっていますが、ブラウザまでハッキリわかるのは凄いなぁ。

この記事をTwitterやSNSなどのソーシャルメディアで共有して下さい。

コメントはお気軽によろしくお願い申し上げます。

この記事へのリンクタグ

<a href="http://kanari.info/b/3895">WordPress記事をコピーしたら通知するプラグイン「Check Copy Content」 HP素材のおすそわけ。blog</a>

Trackback URL


素材

外部リンク

▲TOPへ