カナリの備忘録。 > 健康 >  ADHDで喘息な私が日々の生活の記録をつけていき(予定)ます。

ADHDで喘息な私が日々の生活の記録をつけていき(予定)ます。

2020年2月24日

アイキャッチは私が撮った猫の写真です(*´ω`*)

これは、私の備忘録です。

ブログ記事というか、自分のための記録の文章です。ツイッターも一旦おやすみしましたし、せっかくなので何かしらアウトプットするために記事を書いていこうと思っております。

ただつれづれなるままに思ったことを書くのみなので、多分ダラダラした文章になると思います。また、私の書く文章は特定の誰かを攻撃するような意図などは一切ありませんので、どうか予めご了承くださいね。

さてさて。

私は、そもそもADHDの気質があって人よりも生きるのがちょっと下手なんですが、父親がヘビースモーカーで、そのため産まれてから家を出るまで、ずっと受動喫煙の影響を受け続けてきました。ひょっとしたら、私のADHDも生まれつきではなく、父親からの長年に渡る受動喫煙の影響なのではないかと思っています。

そして、明確な受動喫煙の影響がもう一つあって、喘息です。今もちょっと喘鳴が出てるんですが、私は、タバコの煙を吸い込むと喘息発作のリスクが大きくは値上がり、一度発作が起きると下手すると死ぬ可能性があります。

そういうのも相まって、もうともかく、仕事を見つけるのに一苦労しました。ADHDの影響で人より全体的に能力値が高くないし、喘息で空気の悪い職場などは物理的に無理。正直言って、働く場所がないんです。何社も何社も自分で探して面接を受けに行きましたが、だめでした。本当に、面接が終わったあとのがっかり感と死にたい気持ちって、多分文章にしても伝わらないと思います。重い足を引きずりながら家に帰って、次の面接先を探す。その間、ツイッターでタバコの悪影響などをつぶやくと、喫煙者や悪意のある人にボロボロに叩かれる。泣きたくなる日々でした。

苦しいときは何かに頼るのも有りです。

五里霧中の状態のなかで、ふと、 広島市社会福祉協議会 の困りごと相談に頼ろうと思い立ちまして、相談に行きました。私は人と話すのがちょっと下手なので心配だったのですが、ちゃんと相談を聞いてくださって、仕事が見つかるまでのお手伝いをしてくださいました。その結果、何とか、障害者就労継続支援A型の施設で働くことが来ましました。私を受け入れてくださった施設は体力仕事なのでちょっと不安もあるのですが、ちゃんと働ける、お金を稼げるって言うのはやっぱり心の支えになりますね。今手続き中で実際働くにはまだ少し時間があるので、今は、残された自由な時間を楽しんでいます。

ADHDとして生活していて思うこと。

人より生きるのが下手だと、すごく生き苦しい社会ですね。私は喘息なので、文字通り息苦しいです。せめて、見つかった職場でちゃんと普通にできるように、無理しない程度に頑張りたいです。

あ、Twitterはお休み中です。

人とコミュニケーションを取れないのは寂しいですが、今は、心の修復が最重要だと思っているので、アウトプットのみにしてまったりやります( ・`ω・´)✨

ブログ記事のソーシャルでの拡散は、狂おしく大歓迎です~(σ´∀`)σ



スポンサードリンク

この記事へのリンクタグ

<a href="http://kanari.info/memo/diary/i-am-asthmatic-with-adhd">ADHDで喘息な私が日々の生活の記録をつけていき(予定)ます。 カナリの備忘録。</a>

Trackback URL

http://kanari.info/memo/diary/i-am-asthmatic-with-adhd/trackback

 
 

コメント大歓迎です。承認後に反映されますのでしばらくお待ち下さい。

スポンサードリンク

▲TOPへ