カナリの備忘録。 > 健康。 >  タバコは個人の趣味嗜好ではありません。他者迷惑であり他者加害です。

タバコは個人の趣味嗜好ではありません。他者迷惑であり他者加害です。

2019年4月13日

先日の夜、プライムニュースという番組で、ひまわり生命保険が2020年の新規採用を、非喫煙者に限ると明言したというニュースを観ました。その件に関しての街の声で、若い非喫煙者と名乗る男性が、個人の趣味嗜好なんだから、好きにさせてやれば良いと語気を荒げていました。

私は、とても暗澹たる思いでその発言を聞きました。残念ながら、喫煙は個人の趣味嗜好では決してありません。全てのその場にいる第三者への加害行為です。

勘違いされている人が多いのですが、そもそもタバコは人によっては致死性の毒を撒き散らしています。健康にハンディキャップがある人には、サリンを撒かれるのと何ら違わないんです。趣味嗜好だからと言って、他人を殺していい権利なんかないし、全ての人が、他人に殺されていいわけがないです。趣味だからと人によっては死んでしまう猛毒を撒き散らすのは絶対にありえません。

こういう発言をすると「国が許しているんだから」と息巻く方がおられますが、国が許しているのがそもそも異常ですし、国が許せば殺人を犯しても言いわけがない。そもそもなぜ国が許可しているかというと儲かるからで、その後、人が苦しんだり死んだりすることに対して全く責任など持っていません。

そもそも、私は許されていれば他者迷惑も気にしない人は軽蔑します。私達人間は、皆、他人に影響を与えあって生きています。自分がやりたいからと、毒ガスを撒き散らす人は私は大嫌いです。

タバコは絶対許しません。
昔、境港の水木しげるロードで撮った写真。私の今のタバコに対する心境です。


ブログ記事のソーシャルでの拡散は、狂おしく大歓迎です~(σ´∀`)σ





人気記事

コメントをお願いします(*‘ω‘ *)

CAPTCHA


▲TOPへ