カナリの備忘録。 > 健康。 >  5月31日は世界禁煙デーです。喫煙者の人、タバコやめてみませんか。

5月31日は世界禁煙デーです。喫煙者の人、タバコやめてみませんか。

2019年5月31日

私はタバコに殺される側の人間です。

こう言うと大げさなって思われるかもしれませんが、私は「受動喫煙症レベル4」 慢性受動喫煙症の喘息、 副鼻腔炎です。喫煙者の人は、ただ単にご自分のニコチン渇望を満たすためだけにどこでもかしこでも平気で喫煙するんでしょうけど、その「喫煙」の場所に居合わせてしまってその煙を吸い込んでしまうと、喘息発作が起こる可能性が高く、そうすると最悪「その場で」死んでしまいます

タバコはあなたも周りも傷つけます・守ろう自分、守ろうみんな。
タバコはあなたも周りも傷つけます・守ろう自分、守ろうみんな。

喫煙者の人は、その煙が誰かの命を握っていると自覚して下さい。

喫煙者の人がこの見出しを読んだら、そんなことはない、俺は誰も脅かしてなど居ないって思われているでしょうが、そんな事はありません。私にとっては、喫煙者の肺を通って出てきたその煙は、まるで大鎌を持った死神です。その臭いを感じ取った時点で死の恐怖を感じます。そして、その煙を吐き出す喫煙者自体も、私には私を殺す人間にしか見えないです。

コンビニの前は喫煙場所ではないんですよ。

これは、コンビニ各社からの正式なコメントですが、どのコンビニの本部も口を揃えて「店舗前の灰皿は喫煙場所ではなく消火用」と明言しています。つまり、本当なら置く必要はないけれど、万が一タバコを手に持って店に入ろうとした来店客の為に消化を促す為に、火災防止の観点で置いてあるもの、という意味です。そう明言されている以上、本当なら、コンビニ前ではタバコは吸ってはいけません。あそこで喫煙されると、健康弱者には明確な暴力行為です。私は、コンビニ前で喫煙する人は、決して「マナーなど守っていない」と判断しています。彼らは立派な加害者です。

そして、タバコはあなた自身を殺します。

私が一番喫煙者の人たちを見て不思議なのが、多くの人がタバコ由来の病気になって亡くなっているのに、自分は大丈夫っていう謎の自信で喫煙を続けてしまうことです。どうして自分は大丈夫って思うのか。確かに、喫煙者の中にも長生きする人はいるかもしれませんが、どうして自分がタバコ由来の病気にならないと考えられるのか。不思議です。

タバコは多くの無関係の人を殺しますが、最終的に殺すのは喫煙者自身です。人を殺し、自分も殺す前に、タバコから縁を切りましょう。今日、タバコの箱を捨てましょう。タバコは何の幸福もくれません。ただただ、喫煙者を蝕むだけの依存性の高い悪質な麻薬なんですから。

禁煙外来へようこそ。お医者さんと一緒に禁煙 – すぐ禁煙.jp(ファイザー)


ブログ記事のソーシャルでの拡散は、狂おしく大歓迎です~(σ´∀`)σ



スポンサードリンク

この記事へのリンクタグ

<a href="http://kanari.info/memo/health/cigarettes-hurt-you-and-your-surroundings">5月31日は世界禁煙デーです。喫煙者の人、タバコやめてみませんか。 カナリの備忘録。</a>

Trackback URL

http://kanari.info/memo/health/cigarettes-hurt-you-and-your-surroundings/trackback

 
 

コメント大歓迎です。承認後に反映されますのでしばらくお待ち下さい。

スポンサードリンク

▲TOPへ