カナリの備忘録。 > 健康。 >  受動喫煙を避けて普通に生きるのって本当に難しいと、最近は特に思います。

受動喫煙を避けて普通に生きるのって本当に難しいと、最近は特に思います。

2019年5月28日

暗いタイトルでごめんなさい…。

私は、喘息を悪化させるまでは毎日がとても楽しかったと思います。自分が死ぬなんて事想像もしたことが無かったし、「死」はとても遠いものだった。でも、喘息で本当にもう死ぬ、という経験をしてから自分はいつでも「死ぬ」んだと言うのを身をもって痛感しました。

言い方が変ですが、毎日、眠る前に「生存ガチャ」を引いているイメージがあります。寝てる間に死んでしまうかもしれない、朝は起きられてもその日死んでしまうかもしれない、みたいな疑心暗鬼の中で生きています。喘息の人間にとって、外を歩くのはとても恐怖です。いつ、歩きタバコに出くわして大発作を起こすかわからないし、柔軟剤の臭いで大発作を起こすかもしれない。私にとっては、喫煙者や余りにもキツい柔軟剤臭などを漂わせる人も、言い方がとても悪いですが「通り魔」と何も変わりません。私を殺す可能性のある人、ということです。

タバコはお断りします。
タバコはお断りします。

私のこの文章を読んでくださったかた、可哀想だと思ってくださいましたか? でも、喘息や化学物質過敏症って、いつ発症するかわからないんですよ。「へぇ~可哀想になぁw」って思いながらタバコを咥えている人も、明日には喘息を発症したり、最悪の場合COPD(慢性閉塞性肺疾患)を発症して、一生酸素ボンベを持ち歩かないと生きていけない体になってしまうかもしれない。

何が言いたいのかと言うと。

私がTwitterで色々見聞き(ツイッターだから見読みかな)していて思うのですが、本当に、タバコや香害に苦しめられている人が多すぎると痛感します。私以外にも多くいらっしゃるんだと思うと同時に、こんなのは決して喜ばしいことでは無い。だからこそ、苦しんでいる人を少しでも減らせる世の中になってほしいと思います。

あと、この記事を読んで「こいつ病んでるな~w」と思われた方。ずっと苦しめられ、何度も死の恐怖を味わえば心が病みもしますよ。明日は我が身、私のようになりたくなかったら、人を加害せず、自分の健康にもご留意してお過ごしくださいませ。

あ、画像は自分が撮った写真を加工したものです。

ネコの瞳は、喫煙者を責める猫さんからのメッセージってイメージです。タバコの煙は小動物にも重篤な加害行為ですからね。動物と生活していらっしゃる喫煙者の人、今すぐタバコは止めてくださいね。


ブログ記事のソーシャルでの拡散は、狂おしく大歓迎です~(σ´∀`)σ



スポンサードリンク

この記事へのリンクタグ

<a href="http://kanari.info/memo/health/i-refuse-smoking">受動喫煙を避けて普通に生きるのって本当に難しいと、最近は特に思います。 カナリの備忘録。</a>

Trackback URL

http://kanari.info/memo/health/i-refuse-smoking/trackback

 
 

コメント大歓迎です。承認後に反映されますのでしばらくお待ち下さい。

スポンサードリンク

▲TOPへ