カナリの備忘録。 > 健康 >  受動喫煙ってご存知でしょうか。そして、それが深刻な健康加害で児童虐待だと知っていますか?

受動喫煙ってご存知でしょうか。そして、それが深刻な健康加害で児童虐待だと知っていますか?

2019年10月2日

今日は、受動喫煙と児童虐待の話をさせてくださいね。

写真は神戸どうぶつ王国の喫煙所。子供や動物に受動喫煙させている大問題の弱者加害所です。

せっかく昨日ブログ記事を書いたので、今日も頑張ってログインしてみました。メンタルが弱るとログインも辛くなるって言う…_(´ཀ`」 ∠)_
人間、心も体も健康第一ですよね。心の健康ってなかなか管理出来ないので、皆さんお大事になさって欲しいです。

さてさて。

Twitterでは都度都度つぶやいているのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、私は受動喫煙で喘息発作を起こして何度も死にかけたので、メンタルが凄く弱ってます。

で、心療内科に行って色々診断してもらっているんですが、私はADHDの傾向もあるようで、そりゃあ生き辛いハズだよなぁと納得してしまいました。その鬱とADHDですが、子供の頃から親の喫煙で受動喫煙を受け続けていると、なる可能性がぐ~んと上がるそうで。参照: 受動喫煙が子どものADHDを引き起こす可能性が指摘される、うつ病などの精神障害も – GIGAZINE

ドンピシャじゃん。私じゃん。そう思った時、何とも言えない怒りのような諦めのような、怨念のような思いが湧き上がりましたね。

喫煙は個人の問題ではないです。

親の喫煙は酷い暴力です。それだけで児童虐待なんです。たかが喫煙って言いますが、その「親の身勝手なたかが喫煙」で子供の人生はメチャクチャにされる。実際に渡しはメチャクチャです。苦しすぎて、たまに安楽死…とか考えますよ。それ以前に、産まれなければよかったとも思うことがあります。

折角健康な体に産まれたのに。

親が身勝手に子供の側で喫煙し続けたせいで、子供は健康被害を受け、ADHDになり、一生治らない喘息を発症させ、それのせいで鬱も発症した。正直言って幸せな半生では無いです。不幸自慢をしたいわけではありません。私が凄く不幸だと言いたいわけでもありません。ただ、親に不幸にさせられたのは間違いないんです。親が非喫煙者だったら、私はもう少し違った人生だったと思います。それに、母も父からの受動喫煙で毎日ひどい咳をするような事も無かったと思います。

はっきり言います。父は母をゆっくりと殺し続け、私を不幸にし、そしてペットのネコをガンにして殺しました。私は父を恨んでいますし許しません。だから、私は自分の喘息が増悪してから一切実家に帰っていません。

もし、この文章を読んでいる方で喫煙者で親の人が居たら、今すぐ全てのタバコを捨てて下さい電子タバコもタバコなので一式捨てて下さい。あなたのそのタバコが子供の人生を蝕んでいます。捨てて下さい。子供の人生は子供だけのものです。お子さんがあなたの側を離れてからの人生のほうがずっと長い。その人生を絶望させないためにも、親の喫煙は絶対に許されません。やめましょう。

お子さんに愛情を注ぐのは大事です。でも、それと同じくらい、苦しめないことはもっと大事です。苦しめながら「愛情を注いでいる」と言ってもとんだ矛盾です。今から未来に向かっていくすべての子供さんの未来が、健康で幸福に満ち溢れていることをねがってやみません。

ラインスタンプ発売中です。

ブログ記事のソーシャルでの拡散は、狂おしく大歓迎です~(σ´∀`)σ



スポンサードリンク

この記事へのリンクタグ

<a href="http://kanari.info/memo/health/passive-smoking-do-you-know-it-is-a-serious-health-hazard">受動喫煙ってご存知でしょうか。そして、それが深刻な健康加害で児童虐待だと知っていますか? カナリの備忘録。</a>

Trackback URL

http://kanari.info/memo/health/passive-smoking-do-you-know-it-is-a-serious-health-hazard/trackback

 
 

コメント大歓迎です。承認後に反映されますのでしばらくお待ち下さい。

スポンサードリンク

▲TOPへ