カナリの備忘録。 > 雑感。 >  自己満足の話ですけど、曇天の鯉のぼりの写真をフォトレタッチで晴天にしてみました。

自己満足の話ですけど、曇天の鯉のぼりの写真をフォトレタッチで晴天にしてみました。

2019年5月9日

せっかくの鯉のぼりの写真なのに、曇り空だと少しさみしい…。

実は私、デザイン学校を出てまして。昔はデザイン会社でフォトレタッチとかしてたんですが、すっかりやらなくなってたんですよ。でも、ふと運営する写真素材屋用の写真を整理していて、曇天の鯉のぼりの写真があったので…なんとなく思い立って、ひっさしぶりにフォトレタッチしてみました。もう、10年ぶりくらいにPhotoshopを開きました。そもそもCCとかCSとかになる前の7.0の古いパッケージ版なのですが…PhotoshopCSほしいなぁ。

鯉のぼりビフォー。曇天です。

曇りなら、晴れさせてみせようホトトギス。

鯉のぼりアフター。晴天です。

じゃーん。ちゃんと晴れてます?

単なる自己満足なんですけど、せっかくのビフォーアフターなので見せびらかしたくなりました(笑)。メモ代わりに手順を書き残しておきます。多分、レタッチの手順としてはCSと余り変わらないと思うんですけどね。

  • まず、空の部分をマスキング
  • 空の部分に新しいレイヤーを作って濃いシアンを流し、ビビッドライト
  • 新しいレイヤーで逆光を作りスクリーン
  • 鯉をトーンカーブ

です。少し不自然かもだけど、それっぽくできて満足満足です。でも、Photoshopもう重すぎて動きにくいんで、新しいWindows買ってフォトレタッチソフトほしいなぁ。フォトショップじゃなくても、コーレル PaintShop Pro 2019とか Paintgraphic 4 Proとかでも良いんですけどね…。

あ。このページに掲載されている鯉のぼりの写真に限っては、個人の利用に限りご自由にダウンロードしてお使い下さい。そのうち素材屋でも配るつもりではあるんですけど、なにせ数日前にこどもの日が終わってるので…(;´∀`)。


ブログ記事のソーシャルでの拡散は、狂おしく大歓迎です~(σ´∀`)σ



スポンサードリンク

この記事へのリンクタグ

<a href="http://kanari.info/memo/ones-impressions/photoshop-photoretouch">自己満足の話ですけど、曇天の鯉のぼりの写真をフォトレタッチで晴天にしてみました。 カナリの備忘録。</a>

Trackback URL

http://kanari.info/memo/ones-impressions/photoshop-photoretouch/trackback

コメント大歓迎です。承認後に反映されますのでしばらくお待ち下さい。

スポンサードリンク

▲TOPへ