カナリの備忘録。 > 雑感。 >  人混みに赤ちゃんを連れていくには、ベビーカーより抱っこひもを推したい件について。

人混みに赤ちゃんを連れていくには、ベビーカーより抱っこひもを推したい件について。

2017年1月5日
 

新年あけましておめでとうございます。今年一発目の更新です。マイペースに思ったことを綴っていけたらと思いますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

さてさて。ネットのニュースを見ていて、気になることがあったので個人的な雑感を述べさせていただこうと思います。気になったのは、この初詣「ベビーカー自粛」要請で大騒ぎ 「差別」批判へ寺側の意外な言い分の記事です。

2017年の年開け早々、ネット上で大論争に発展したのが、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて大勢が集まる場所で初詣に参拝することの是非についてだ。それが障害者差別、少子化問題といったことにまで議論が広がっていった。

発端となったのは東京板橋区の乗蓮寺が「ベビーカーご利用自粛のお願い」の看板を出した、とツイートされたこと。乗蓮寺は2年前まではベビーカー優先の寺だった。看板を出したことであらぬ方向まで話題が沸騰していることに住職は頭を抱えている。

初詣「ベビーカー自粛」要請で大騒ぎ 「差別」批判へ寺側の意外な言い分 : J-CASTニュース より一部引用


何度も論議されるベビーカー問題。

ベビーカーの問題は、何度も話題に上がっていますよね。私も人が集まる大きなイベントでベビーカーに後ろから踵を轢かれたことがあります。

当時夏祭りだったので踵のないサボサンダルを履いて歩いていたら、後ろからベビーカーがガツンとぶち当たってきました。ベビーカーを押していたのは若いお父さんだったのですが、一度ぶつかったのにもう一度ガン、二度ガン、と繰り返し私の踵にベビーカーをぶつけてきました。でも、人混みで逃げることもできず。私が思わず「痛い」と声を上げると、その若いお父さんは何も言わずに私の踵をベビーカーのタイヤで小突くのをやめました。踵は、赤くなって少し皮が剥がれていました。

もちろん、こんな非常識な人は少ないと思います。でも、一定数はいます。私だって遭遇しているのだし、世の中にはこんな目にあった方もいらっしゃるのではと思います。グーグル先生に問い合わせてみても、結構いらっしゃいますね。

ベビーカーに轢かれた – Google 検索


そうは言っても、ベビーカーは便利ですよね。

小さい赤ちゃんを育てていらっしゃるご両親が大変なのは、十分承知しています。私も、12歳の娘がいるのでよくわかります。でも、我が家は娘をベビーカーで育てませんでした。いや、正確にはベビーカーが使えませんでした。

理由は、まず娘がベビーカーが好きではなかったから。乗せると速攻で泣いていたのと、もう一つは我が家が長い坂の上にあってベビーカーだと逆に乗せて上がるのが大変だったので、せっかく買ったベビーカーはほぼ新品のまま押し入れに入れっぱなしになりました。

でも、振り返ってみて、ベビーカーの無い子育てはとても気楽で良かったです。赤ちゃんだった娘を連れて出かけるときは、背中に大きなリュックで荷物を持ち、お腹にベビースリングで娘を抱っこしていました。お腹と背中に大荷物状態ですが、慣れると結構平気でした。娘もスリングの中だと始終ご機嫌だったので、そんなにお出かけに苦労した覚えはありません。何よりも、お腹に赤ちゃんを密着させた状態だと、赤ちゃんの表情とか状況とかがよく把握できて安心感がありました。

お出かけにベビーカー、たしかに便利です。でも、ちょっと近所までのお散歩などなら良いかもしれませんが、人混みへのベビーカーは本当に大丈夫か良くご検討の上ご利用頂けたらなと思います。例えば、バスなどの公共の交通機関を使って人混みに行くなら、ベビーカーは不要かもしれません。もちろんベビーカーが無いと大変だろうとは思いますが、少なくとも、無いなら無いでなんとかなります。

抱っこひものイラスト。


結局、選ぶのは親御さんです。そして、お子さんを守れるのも親御さんだけです。

ベビーカーのほうが安全だと思われているかもしれませんが、ベビーカーは凶器になりえるとわたしは思っています。乗っている赤ちゃんにとっても、周りの歩行者にとってもです。わたしの知人の話ですが、ベビーカーの後ろに荷物を引っ掛けすぎてベビーカーが倒れてしまい、中の赤ちゃんが怪我をするという事例がありました。それに、冒頭でも書いたとおり、ベビーカーが他人にぶつかって怪我をさせる事もあると言うことを、どうかお心留め置きいただければと思います。

最後になりましたが、私も、自分の意見が全て正しいとは思っていません。抱っこひもにも抱っこひものデメリットがあります。人混みの中で、抱っこひもならば必ず安全…というわけでは無いと思います。だからこそ、親御さんには、ぜひ、大切な赤ちゃんをどうやって人混みに連れて行くかを考えていたけたらと思い、この記事を書かせていただきました。

The following two tabs change content below.
猫待カナリ
猫待カナリ(ねこまちかなり)。広島在住の主婦で、漫画・アニメ・ドラマなどが好きなオタク気質の引きこもり体質です。現在の関心ごとはダイエットで、四苦八苦しながら頑張り中です。Twitterは【@nekomatikanari】で利用中。

ブログ記事のソーシャルでの拡散は、狂おしく大歓迎です~(σ´∀`)σ このエントリーをはてなブックマークに追加




人気記事

 

コメントをお願いします(*‘ω‘ *)

▲TOPへ